メルマガ&ステップメール配信CGIの決定版 携帯にも完全対応 機能限定版を無料提供中

無料版のダウンロード

プロセス自動切り替え

大量のメール配信により配信処理に時間がかかる場合や、配信速度調整で待機時間を長く設定したい場合、メール配信プロセスを指定時間で新しいプロセスに自動的に切り替えることができる機能です。

共用のレンタルサーバなどでよくある、一定時間のCPU使用でプロセスが強制的に停止させられてしまい、メールの配信が途中で終わってしまうという問題を回避することができます。

たとえばプロセス自動切り替え時間を20秒に指定しておけば、メール配信処理が開始されてから20秒経過した時点で、新しいプロセスをコピー生成し処理を継続します。
同時にコピー元のプロセスは、新しいプロセスの生成に成功した時点で自ら処理を終了します。
この場合、サーバの仕様で、1プロセス当たりのCPU使用時間制限が30秒であっても、同一プロセスが30秒継続されないので、プロセスの強制停止を避けることができます。

※この動画を再生するにはFLASH PLAYERが必要です※

※この動画の管理画面と実際の製品の管理画面とでは、今後の製品のバージョンアップ等により若干の差異が生じる場合があります。

≪ 前の機能次の機能 ≫

MilkyStep Professional 機能一覧

各ボタンをクリックすると詳細が表示されます。

Copyright(c)2008-2017 Igreks Inc. All Rights Reserved.

Please Share
Check
Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Tumblr
Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク